虫歯じゃないのに、歯が痛む?

知覚過敏治療で歯科医院へ

もともと知覚過敏があり、冷たいものを飲むとチクッと痛むということは毎日のようにありました。でもある日、硬いお菓子を食べて以来、そこがズキーンと痛むようになったのです。飲み物だけならまだしも、食べ物でも傷むのはキツイ・・・。そう思った私は、さっそく歯科医院に行き、先生に話をしてみました。見た目で異常はないから、中の状態を診るためにレントゲンを撮ることに。その結果、やはり異常はないとのことでした。考えられることは、歯と詰め物(数年前に詰めたもの)の間に小さな隙間があいていて、刺激がそこから神経に伝わっているかもしれないということでした。そこで、治療方法としては、「しみ止め」を塗るというもの。何やら、とろりとした液状のものを痛む歯周辺に塗り、その後、風を吹きかけて乾かし、終了でした。

不安だらけの歯科医院

こんなもので本当に痛みがなくなるのか?一度歯を磨いたら効き目がなくなるんじゃない?と、不安で仕方がありませんでした。それから一週間後、再び歯科医院に行き、同じものを塗ってもらいました。その薬の役割としては、歯にあいている隙間に入り込み、刺激が神経まで伝わらなくするというものだそうです。2、3度繰り返し塗ることで効き目が高まるのだとか。なるほど。最終的に、3回塗ってもらい、一応終了しました。どれくらい効果が持続するのか分かりませんが、これからも自分の歯を大切にしていきたいと改めて思いました。美法外科でまず医師とカウンセリングをして処置を希望するほうれい線の状況チェックしてもらいます。そして、注入箇所、仕様のヒアルロン酸量など提案してもらいます。そして皴の溝にヒアルロン酸入れて、処方時間5~10分程度。赤みがあればしばらく患部冷却して通院治療がなくて、術後メイクすることもできます。

歯科医院でホワイトニング

そして、ヒアルロン酸注射は顔のしわ取り以外に乾燥肌解消、バストアップなどいろいろな用途で利用されています。美容面でとても人気であるプチ整形ですが、そのメリットは何でしょうか?メス使用した外科手術は傷目立たなくなるまで時間が必要で、その後ケアに手間が必要です。そして、ヒアルロン酸注射はメスを使用しないで体、心理的負担少ない点が大きいメリットです。注射わずか10分程度で処置完了する手軽さが人気なのです。そして外から成分入れていき、気になってくるのは安全面ですが、ヒアルロン酸肌に元からあるもので、アレルギーの心配がいらず、安全性高い美容治療なのです。そしてこれは気になる患部に注入して効果すぐ実感できます。そして注入中鏡見て量を調整できて希望通りの仕上げが期待できます。また、ほうれい線除去でヒアルロン酸注射は細菌感染やアレルギー反応などリスクがあります。

PR|根管治療専門医を大阪で探すなら兵庫県の格安不用品回収専門会社で

クリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボクリニックナビ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書